自分の意見を認めさせるのが上手な人の心理

自分の意見を認めさせるのが上手な人っていますよね。

たとえば、大きな会議でも、大勢の意見を退けて、自分の意見を認めさせたり、プレゼンテーションでは、最初は全く興味を示さなかったクライアントからの契約を取ったりすることができてしまう人がいます。

このようなビジネスマンの鏡になるには、どのようにしたら良いのでしょうか?

もともと、自分の意見を認めさせるのがウマい人というのは、
コミュニケーション能力が高かったり、人柄が良いというのもあるのでしょう。

しかし、それだけでは相手を納得させることはできません。

相手を納得させるためには、場の空気を上手に読むことができるなど、
観察力や注意力が共に優れているということが大切です。

相手の心理や雰囲気を十分に読みながら、
自分の意見を述べていくと言うスキルが必要なのです。

また、コミュニケーション能力も必要で、
場の雰囲気を瞬時に読んだら、どの雰囲気に合わせた話し方や話題を
変えていくようにします。

そうする事によって、相手の興味をひきつけていくのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ