車を運転すると態度が豹変する人の心理

ハンドルを握ると態度が豹変する人がいます。

たとえば、いつも、すごく優しい人なのに、
「のろのろしてんじゃねえよ!」と口汚くののしったり、
一般道を危険なほどのスピードで走ったりします。

いつも優しくて、大人しい人が、
車に乗った途端に変貌すると、恐怖を感じることもあるほどです。

しかし、当の本人は、同乗者が気まずい思いで座っているのに、
そんな空気にも全く気づかないでいたりします。

このようなことは、なぜ起こるのでしょうか。

車の中は、「動く個室」で、車の中では、緊張状態から解放された
無防備な状態でいることができます。

普段は礼儀正しくしていても、車内に入ると緊張が解け無防備に、
そして素顔に戻ってしまいます。

さらに、車という道具を自分のコントロール下に収めているという高揚感が加わり、
あたかも自分が偉くなったかのように錯覚し、暴言を吐いたりします。

車の中からであれば、暴言を吐いても、
相手には聞こえませんから反撃される心配もありません。

そのようなことから、車の中ではその人の本性をうかがい知ることができます。

本気で付き合おうかな?結婚を考えようかな?
という相手とは、一度ドライブをしてみると、
その人の本心の一部を知ることができそうです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ