忙しい、時間がないというのが口癖の人の心理

「忙しい。」とか、「時間がない。」というのが口癖の人がいます。

ですが、その人をよく観察してみると、
「忙しい。」というのが口癖の人ほど、仕事の段取りや要領が悪く、
時間を無駄にしているようです。

そして、時間内に仕事を片付ける能力がないからこそ、
忙しそうに振舞っているだけで、
「忙しい。」とか「時間がない。」という言葉は、
いずれも「忙しい人は仕事ができる人」である事をアピールしていますが、

実際には、時間管理ができない、段取りが悪い、時間にルーズだということを自分で証明しているようなものです。

本当に仕事ができる人は、「忙しい。」とか「時間がない。」
という言葉を口にしませんし、時間管理能力があり、段取りが出来ます。

「忙しい。」とか「時間がない。」という口癖はやめて、
さっさと取り掛かる、時間がないのではなく時間を作ろうと考えることが大切です。

忙しい人と仕事ができる人の違い

忙しい人

「忙しい」ということで、周囲から「頑張っているな。」と評価されたいと思う。

納期寸前で作業に取り掛かる。

2つ以上の仕事を同時進行することができない。

スケジュールを作っても、その通りにできない。

仕事の目的と最終完成物を、納期間際になって理解する。

期待通りの仕事ができない。

やり直しを命じられることが多い、そのためにやる気も低下する。

断ることが苦手で、余計な仕事を抱えてしまう。

仕事に取り掛かってから段取りを考える。

集中できる環境を作ることが下手で、仕事に意識が集中できない。

他人に頼む事や打ち合わせの進行が下手で、自分がやったほうが早いと考える。

納期が迫ってくると、徹夜で仕事をすることもあり、それがミスにつながる。

プライベートの時間がなかなか取れない。

仕事ができる人

「忙しい」というと、無能を証明するようなものと思う。

納期よりもずいぶん前から作業にとりかかる。

2つ以上の仕事を同時進行できる。

スケジュールどおりに仕事をする。

まずは仕事の目的と最終完成物を頭に入れてから仕事にとりかかる。

期待を上回る仕事ができる。

ほめられることが多く、やる気も高まる。

自分しかできない仕事を責任を持って行う。

能力を超えた仕事は引き受けない。

まず、段取りを十分時間をかけえ考えてから仕事に取り掛かる。

集中できる環境を作ることが上手。

他人への依頼の仕方や打ち合わせの進行が上手。

スタッフを上手にまとめる。

時間管理ができているので睡眠時間もしっかりとることができ、ミスも少ない。

プライベートの時間もしっかり確保できている。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ