片づけができない人の心理

片づけが嫌いだったり、片づけができない人がいます。

しかし、生活に支障をきたすほど片づけができない人は、
「注意欠陥・多動性障害(AD/HD)」の疑いがあります。

注意欠陥・多動性障害(AD/HD)という障害を持つ人は、
集中力が続かず、衝動的に思いついたことを始めます。

ですから、片づけを始めたとしても、
片付けている最中に衝動的に思いついたことを始めてしまうので、
片づけを最後まで行うことができず、
あちこち散らかったままになってしまうのです。

病的なレベルではないけれど、片付けが苦手な人もいます。

片づけが苦手な人の性格

優柔不断

優柔不断な人は、「決定を先延ばしにする」ことが多いため、
物が片付かなくなってしまいます。

「捨てようか、どうしようか。」と迷い、決定できず、
「とりあえずとっておこう。」ということになり、
結局、永久に取っておかれることになり、ものが溢れてしまいます。

捨てようか、どうしようか迷うときには「捨てる」というように決めておけば、物が増えてしまうということがなくなります。

完璧主義

完璧主義な人は、「やるからには徹底的にやらなくては。」
と思い込んでいるので、
始める前から疲れてしまって物が片付かなくなってしまいます。

心に余裕がない

心に余裕がないと、散らかっていることにすら気づきません。

家庭環境

母親が同じように片づけができないタイプで、
片付いているモデル像がないため、片づけが苦手です。

捨てることへの罪悪感がある

「物は大切にしなさい。」などと厳しくしつけられると、
捨てることへの罪悪感が湧いてしまい、
物が捨てられなくなり、片付かなくなります。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ