サングラスをかける人の心理

まぶしくもないのにサングラスをかける人がいますね。

一昔前は、まぶしくないのにサングラスをかけていると
「やくざ?」なんて思われてしまったものです。

ですが、最近はファッションアイテムのひとつとしてサングラスをかける人が増えています。

サングラスは変身願望を満たすアイテム

「目は口ほどにものを言う」と言います。

そして、目から得られる情報はとても多く、
目を隠してしまうと、よほど親しい人でない限り、
誰だかわからなくなってしまいます。

このようなサングラスは、
同じファッションアイテムの帽子やストール等とは違い、
サングラスをかけることによって、
自分であって自分でないような意識に陥ることができるアイテムです。

ですから、劣等感が強い人は、
「自分であって自分でないような意識になることができる。」
サングラスが、心地良く感じたりするようです。

また、サングラスは自分自身は見られることなく、
一方的に相手をじっくり見ることができる様になるという役割も果たします。

つまり、心理的に、相手よりも優位に立てるようになるわけです。

アメリカには、吃音症(どもり)の人にサングラスをかけてもらったところ、
スムーズに会話ができたという実験結果もあるほどです。

サングラスは他者からの信頼が得られなくなる

ファッションとして、サングラスを楽しむのは良いのですが、
常時かけるとなると、デメリットになる場合もあります。

たとえば、相手と目を合わせることを「アイコンタクト」と言います。

アイコンタクトが多い人は知的で能力が高いと言われ、
人からも好かれやすいです。

ですが、サングラスをかけていると、アイコンタクトがないので、
「何を考えているか分からない状態」になります。

つまり、相手から「何を考えているのか分からない人」と思われ、
不安にさせてしまい、結果、信頼されにくく、
コミュニケーションが希薄になってしまうのです。

威圧感を出そうと思って、意図的にサングラスを使うのであれば良いですし、
人と話したりすることなく、一人の世界に入りたいのであれば
サングラスファッションも良いですが、
人と会うとき、話すときなどのサングラスは、控えめにしたほうが良さそうです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ