無料という言葉に弱い人の心理

「無料」といわれると、つい手を出したくなるという人は多いのではないでしょうか。

しかし、「タダより高いものはない。」という言葉があります。

「無料体験」や「無料サンプル」、「無料相談」など、
無料サービスは、せっかくタダなんだから試してみればよいのでは?
と思いますが、思いがけない出費になることもあるので要注意です。

好意の返報性

心理学用語で「好意の返報性」という言葉があります。

この好意の返報性とは、好意を示してくれた相手には、
自分も好意をもつようになるという意味です。

好意を示す方法として、「モノをあげる」というものがあります。

そして、もらった側は、お返しの品を渡します。

気持ちであれ、モノであれ、
大抵の場合は、貰った好意に対して好意で報います。

無料のサービスでも同じです。

無料の試食コーナーなどで次々と勧められるままに食べてしまうと、
買わないと悪いような気持ちになってしまいます。

そして、相手が示してくれる好意が厚いほど、
商品が安かったり必要だったりするほど、
財布の紐はゆるくなります。

販売員もそういった人の心理を理解して、応対します。

つまり、無料サービスには、そういった駆け引きがあることを
知っておいて、利用することが必要なわけです。

また、貰ったもののお返しとしては、
貰った好意と同じくらいの好意を返したくなるのが原則です。

とても返せそうにないほどの大きな好意を示されると、
負担感が強くなってしまうので、
プレゼントを贈るとき等は、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ