すぐにカッとなり暴力をふるう人の心理

ウソをつく、暴力を奮う、モノを盗む・・・このようなことは、
反社会的行動です。

反社会的行動に関しては、子どもの頃から「してはいけないこと。」
だと教えられて育ちます。

ですから、学校に上がる年齢になれば、
そのような行為を思いとどまるストッパーが心の中に出来上がり、
そのストッパーが働くので、
反社会的行動をとらなくなります。

しかし、気に入らないことがあるとすぐに暴力を奮ったり、
自分の利益のためなら平気でウソをついたり、
人を傷つけることに対しても良心の呵責を感じないなど、
ストッパーが働かない人もいます。

このような不誠実で、他者の権利や感情を無神経に侵す傾向があり、
神経症よりもさらに悪化した人格障害で、
良心が殆どない状態、もしくは全くない状態の人のことを、
「反社会性人格障害」と呼んでいます。

人格障害の人は、人口の約2%に見られ、
男女比では、男:女=3:1というように、
男性に多いです。

そして、人格障害の人は、アルコール依存や薬物依存に陥りやすく、
犯罪者の中には、反社会性人格障害が多いです。

とはいっても、反社会性人格障害の全ての人が、
犯罪に手を染めると言うわけではありません。

しかし、反社会性人格障害の人は、
患者さん本人にはあまり問題意識がないので、
積極的に治療を受けようとする意思が弱いという現状もあります。

たとえば、アルコール依存で治療入院をしたときに、
反社会性人格障害であったことが判明する等します。

反社会性人格障害の自己チェック

15歳以前から反社会的行動が始まり、18歳を過ぎても続いている人で、
以下の項目のうち3つ以上に当てはまる人は、反社会的人格障害の疑いがあります。

・法を守ることができない、社会的規範に従うことができない。

・個人的利益や享楽のために、人を騙したり、ウソをついたりする。

・衝動的で先々の計画を立てることができない。

・攻撃的で短気である。フラストレーションに対する耐性がとても低く、喧嘩や暴力沙汰を繰り返す。

・暴走族のように、自分、他人を問わず、身体的安全を無視する。

・一貫して無責任で、仕事が長続きしない。経済的な支払い義務を果たさない。

・良心の呵責が欠如している。人のものを盗んだり、動物を虐待したり、人を傷つけたりすることに躊躇しない。或いは、それを正当化することもある。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ